金(ゴールド)価格:上昇、プラチナ価格:上昇 【海外市況(3月8日)】

■海外貴属市況コメント■
3月8日、NY貴金属市場の金は上昇。金は中国人民銀行による商業銀行の預金準備率引き下げへのうわさに加え、ギリシャ政府高官の話として同国の債務交換の民間債権者の参加率が75%を超えたと報道され、同国の無秩序なデフォルト(債務不履行)懸念が後退していることで、市場のリスク志向が高まった。外為市場でユーロが対ドルで上昇したこも金買いにつながり、一時は1700ドルの節目を回復するなど続伸となった。一方、銀・プラチナはギリシャ債務交換への期待感のほか、金の上昇や欧米株価の上昇に連れる格好で大幅上昇して引けた。

ページトップ