金(ゴールド)価格:上昇、プラチナ価格:上昇 【海外市況(3月7日)】

■海外貴属市況コメント■
3月7日、NY貴金属市場の金は上昇。最近の売られ過ぎ感からのテクニカル買いのほか、本日発表された全米雇用報告(ADP)民間就業者数が事前予想を上回ったことに加え、ギリシャの債務交換が実施されるとの楽観的な見方が強まったことから、商品相場にリスク選好の動きが優勢となり反発となった。また、ウォール・ストリート・ジャーナル紙が「連銀が新たな緩和策を検討」と報道したことで、量的緩和第3弾(QE3)への期待感が再燃したことも支援材料になったようだ。銀・プラチナは金や欧米株価の上昇に連れる格好で反発となった。

ページトップ