金(ゴールド)価格:安、プラチナ価格:安 【海外市況(2月27日)】

■海外貴属市況コメント■
2月27日、週明けNY貴金属市場の金は小幅安。朝方は外為市場でユーロが対ドルで下落したのを受け売りが先行する展開。その後、ドイツ下院がギリシャ救済法案を可決した事でユーロが切り返したため、金は買い戻されプラス圏に浮上した。しかし、格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が欧州安定化基金(EFSF)債の格付け見通しを「ネガティブ」にすると発表したため、再びユーロの上値は押さえられ、金も軟調に推移し小幅下落して引けた。一方プラチナも為替相場に連れて不安定な動きとなるなか、原油相場の下落が圧迫要因となり小動きながら小幅下落して引けた。

ページトップ