金(ゴールド)価格:安、プラチナ価格:安 【海外市況(12月21日)】

■海外貴属市況コメント■
12月21日、NY貴金属市場の金は小幅安。これといった材料のないなか、外為市場でのユーロなどの通貨動向や原油相場を睨みながらの取引が継続した。朝方は実需筋の散発的な買いで堅調に推移した。しかし、中盤に至ると外為市場でドルが対ユーロで上昇。この流れを受け金が売られ小幅下落して引けた。一方、プラチナや銀も方向感に乏しく、金に連れた値動きとなり、小幅安で引けた。

ページトップ