金(ゴールド)価格:上昇、プラチナ価格:上昇 【海外市況(12月20日)】

■海外貴属市況コメント■
12月20日、NY貴金属市場の金は上昇。本日発表された12月のドイツIFO景況感指数や11月の米住宅着工件数が良好だったこと、さらにスペインの国債入札結果が良好だったことなどで欧州債務危機懸念が若干後退した。外為市場でユーロが対ドルで上昇しこの流れを受けリスク投資意欲が高まり金は買われ1600ドル台を回復して引けた。一方、銀やプラチナもNY株式市場の大幅上昇に好感したことや、金に連れて急反発して引けた。

ページトップ