金(ゴールド)価格:安、プラチナ価格 【海外市況(12月2日)】

■海外貴属市況コメント■
12月2日、週末NY貴金属市場の金は下落。本日発表された米雇用統計で失業率が低下し、雇用情勢の改善を示す内容となったことを受け、投資家のリスク選好意欲が強まり、金は11月17日以来の高値を付けた。また、フランスとドイツが欧州の債務危機克服に向け、5日に新提案を行うと表明したことも支援材料となった。ただ、景気動向を敏感に反映する非農業部門就業者数が期待されたほど伸びなかったため上値は限定的となった。市場関係者の間では、来週は週末に欧州中央銀行(ECB)理事会と欧州連合(EU)の首脳会議が予定されているため、模様眺めムードが強まっている。

ページトップ