金(ゴールド)価格:安、プラチナ価格:上昇【海外市況(10月18日)】

10月18日、週末NY貴属市場の金は下落。前日の上昇による反動から利益確定の売りに押された。朝方は米政府機関閉鎖が長引いた影響で同国の景気の先行き懸念が強まり、市場関係者の間で量的緩和が当面続くとの観測が浮上し上昇する場面も見られた。しかし、終盤にかけて前日に大幅高となった反動から利食い売りが先行、上げ幅を縮小し小幅下落して行けた。一方、プラチナは上昇。金の軟調に下落する場面も見られたが、終盤にかけNY株式市場の上昇に好感した買いに小幅上昇して引けた。
ページトップ