金(ゴールド)価格:安、プラチナ価格:安【海外市況(9月30日)】

9月30日、週明けNY貴属市場の金は下落。米国の政府機関閉鎖への懸念が強ま るなか、商品全般の下落に金も売られた。朝方は米国の2014会計年度暫定予算の 成立が危ぶまれていることに加え、イタリアの政局混迷を受け安全資産としての 金の魅力が強まった。しかし、終盤にかけて、一部の政府機関が閉鎖となれば金 融市場にも悪影響を及ぼすとの警戒感が強まり、リスク回避として換金売りが強 まり下落して引けた。プラチナも下落。早い段階では上昇する場面も見られたが、米 株式市場の下落や、金の下落に追随する形で小幅下落して引けた。
ページトップ