金(ゴールド)価格:安、プラチナ価格:安 【海外市況(8月29日)】

■海外貴属市況コメント■ 8月29日、週明けNY貴金属市場の金は下落。欧米の株式市場が金融株の上伸を背景に急伸したことでリスク許容度が高まり値を崩した。一方、前週末のバーナンキ米連邦準備制度理事会(FRB)の講演で米景気の先行きに慎重な見方を示すなど、同国景気の先行きには不確実性があり下値では質への逃避買いの動きが散見され、下げ渋る展開になった。一方、プラチナは世界的な景気減速感が燻ぶっていることで売り物が先行したものの、NY株式市場が急伸したことで下げ渋る展開となり小幅下落して引けた。
ページトップ