金(ゴールド)価格:上昇、プラチナ価格:上昇【海外市況(1月30日)】

■海外貴属市況コメント■ 1月30日、NY貴金属市場の金は上昇。外為市場でのドル高ユーロ安を眺めての買いが入った。また、本日発表された昨年第4四半期の米国内総生産(GDP)速報値が前期比0.1%減少と予想外のマイナス成長(予想数値は1.2%プラス)で、米GDPのマイナス成長は2009年第2四半期以来3年半ぶりだったため、米連邦準備制度理事会(FRB)による追加金融緩和の早期終了観測が後退するとの見方から金は買われた。一方、銀やプラチナも上昇。金の大幅高に追随し上昇して引けた。
ページトップ