金(ゴールド)価格:上昇、プラチナ価格:上昇【海外市況(1月22日)】

■海外貴属市況コメント■ 1月22日、NY貴金属市場の金は小幅高。日銀の追加緩和決定を眺めた買いに上昇。日銀が金融政策決定会合で、消費者物価の2%上昇を目指すインフレ目標を設置し、2014年から期限を定めず一定の金融資産を買い入れる追加緩和措置を決定したことで、余剰資金が金に流入しやすくなるとの見方が強まったことに加え、インフレヘッジとして金に買いが入った。一方、銀やプラチナは金に連れ高となったうえ、日銀の追加金融緩和決定などを受け反発となった。
ページトップ