金(ゴールド)価格:上昇、プラチナ価格:上昇 【海外市況(9月19日)】

■海外貴属市況コメト 9月19日NY貴金属市場の金は、小幅高。朝方は日銀が欧州や米国に続き追加金融緩和 を決定したことで、インフレヘッジ手段としての金の魅力が高まり、一時は2月29 日以来約6カ月半ぶりの高値を付ける場面も見られた。ただ、その後は外為市場でド ルがユーロに対して堅調に推移していることやNY原油価格の下落、高値警戒感からの 利食い売りに押され前日とほぼ変わらずの小幅高で引けた。銀は小幅安。一方、プラチナ は取引序盤こそ南ア鉱山の騒乱終結に向けた動きを背景に続落する場面も見られた が、その後は米株価が堅調に推移しているうえ、南アの一部鉱山では騒乱が終結に向 かってはいないとのうわさを受け反発し小幅高で引けた。
ページトップ