金(ゴールド)価格:上昇、プラチナ価格:上昇 【海外市況(8月31日)】

■海外貴属市況コメント■
8月31日、週末NY貴金属市場の金は上昇。朝方は、本日行われるバーナンキ米連邦準備制度理事会(FRB)議長の講演の内容を見極めたいとの雰囲気が漂う中で積極的な売買が見送られ、小幅な値動きで推移した。その後は、市場が注目していたFRB議長の講演で明確な量的緩和策への言及がなく、8月1日の連邦公開市場委員会(FOMC)での声明と大差ないのではとの見方が広がったことで一時大きく値を崩し、1トロイオンス=1650ドルを割り込む場面があった。しかし、終盤にかけFRBが金融政策を決定する上で重要視している雇用情勢について同議長が重大な懸念を示したことで、再び緩和観測が高まり、一転投機筋の買いで上昇、一時、約5ヶ月ぶりとなる同1690ドル前半まで値位置を伸ばした。また、関連性の高い原油や株の上昇も支援材料になった。銀は金相場の急伸に追随する形で大幅高で推移した。一方、プラチナも金同様にバーナンキFRB議長の講演内容に加え、NYダウの上昇を受けて買われた。更に引き続き南アの鉱山ストの騒乱を背景に投機資金が流入していることから上げ幅を広げた。

ページトップ