金(ゴールド)価格:安、プラチナ価格:上昇 【海外市況(8月22日)】

■海外貴属市況コメント■
8月22日、NY貴金属市場の金は小幅安。朝方は通貨全般も方向感を欠いたことから、金は動意薄の展開となった。その後は利益確定の売りに押されて6営業日ぶりに反落して引けた。一方プラチナは、南ア鉱山での労働争議に関わる供給不安で買われやすく続伸となった。アングロ・アメリカン・プラチナム(アムプラッツ)は、労働者から賃上げ要請が出されるなど、緊張は緩和しておらず供給不安が懸念され、引き続き買いが継続した。

ページトップ