金(ゴールド)価格:上昇、プラチナ価格:上昇 【海外市況(8月21日)】

■海外貴属市況コメント■
8月21日、NY貴金属市場の金は上昇。これといった材料のないなか朝方は動意薄の展開が続いた。その後、外為市場でユーロが対ドルで堅調に推移すると金も買われた。終盤にかけファンド筋や実需筋などの買いが集まり時間とともに上昇幅を拡大する展開となった。9月6日に予定されている欧州中央銀行(ECB)定例理事会で、債務危機の対応策を打ち出すとの期待が市場で浮上している。これを受けて、外為市場ではユーロ高・ドル安に振れている。一方、プラチナは南アフリカの白金生産大手ロンミン社のマリカナ鉱山の状況が引き続き懸念された。操業再開には至っていないものの、労働者は復帰し始めていることで、事態は収束に向かいつつある。これを圧迫要因に、プラチナは一時的に上昇幅を削ったが、金の上昇に連れて買われた。

ページトップ