金(ゴールド)価格:上昇、プラチナ価格:上昇 【海外市況(8月20日)】

■海外貴属市況コメント■
8月20日、週明けNY貴金属市場の金は上昇。朝方は軟調に推移したが、終盤にかけ外為市場でのユーロ高ドル安の眺めた買いに小幅上昇して引けた。本日は主要な経済統計がないため、手掛かり材料難で売買が手控えられ商いは低調。銀は上昇。一方、プラチナは利益確定の売りに押されやすかったが、売買一巡後は浮上して値位置を切り上げて続伸。南ア最大の産地であるマリカナ鉱山で発生したストライキによる衝突が深刻化し供給不安が懸念されているため、投機筋の買いが目立った。パラジウムは小幅なレンジでのもみ合いとなったが、プラチナ高に連れて小幅続伸となった。

ページトップ