金(ゴールド)価格:上昇、プラチナ価格:上昇 【海外市況(8月17日)】

■海外貴属市況コメント■
8月17日、週末NY貴金属市場の金は小幅高。外為市場でのユーロ安ドル高を背景に圧迫されたが特に目立った材料が見当たらず、週末要因によるポジション調整主体の取引となった。薄商いのなか前日水準付近での小浮沈を繰り返した。市場では、主要中銀の政策決定待ちのムードが漂っており、どちらの方向にも動きづらいとの声も聞かれているという。銀はテクニカル的な売り物に押されて反落。一方、プラチナは大幅続伸。南アフリカ北部のマリカナ鉱山で16日に起きたスト参加の労働者と警官隊の衝突で死亡者が30人以上に達したとの報で供給不安が高まったことから大幅上昇して引けた。

ページトップ