金(ゴールド)価格:安、プラチナ価格:安 【海外市況(6月28日)】

■海外貴属市況コメント■ 6月28日、NY貴金属市場の金は下落。本日から2日間の日程で開催されている欧州連合(EU)首脳会議に対し、即効性のある債務危機克服の具体策が期待できないとの見方が市場に広がったことから、外為市場でドル高ユーロ安の進行を眺めての売りや、NY原油先物相場の下落も含め投機筋らによる利益確定の売りを誘った。一時は6月1日以来およそ4週間ぶりとなる1トロイオンス=1550ドル割れを演じるなど大きく水準を切り下げた。銀も金に連れ安となったほか、プラチナも3営業日続落。金の大幅安に追随したほか、米株式市場の下落や対ユーロでのドル高にも圧迫され約4週間ぶりに1400ドルの節目を割り込んだ。
ページトップ