金(ゴールド)価格:安、プラチナ価格:安 【海外市況(6月19日)】

■海外貴属市況コメント■
6月19日、NY貴金属市場の金は小幅安。朝方は米連邦公開市場委員会(FOMC)での追加金融緩和に対する期待を囃して強気筋らによる買いや、外為市場でのユーロ高ドル安を眺めての買いに上昇した。しかし、その後は明日のFOMC声明発表を前に当面の利益を確定させようとした手仕舞いの売りに押されて値を消し、小幅下落して引けた。一方、銀とプラチナはNY原油先物相場やNY株式市場の急伸、堅調に推移した。しかし買いが一巡すると、金相場の下落に連動する形で売られ小幅下落して引けた。

ページトップ