金(ゴールド)価格:上昇、プラチナ価格:上昇 【海外市況(6月11日)】

■海外貴属市況コメント■
6月11日、週明けNY貴金属市場の金は上昇。欧州連合(EU)は9日、資本不足に陥ったスペインの銀行に向け、最大1000億ユーロの支援を実施する方針で合意したことが好感され、一時は1600ドル台を回復する場面も見られた。しかし、その後外為市場でドルが対ユーロで堅調に推移すると金も売られ、上げ幅を縮小し小幅上昇して引けた。市場では17日にギリシャ議会の再選挙が控えていることで、今週は売り買いともポジションがとりづらい展開が予想されるという。一方、プラチナは金に連れ高となったことに加え、9日に発表された中国の新車販売台数や、10日の同国の貿易収支が好調だったことを背景に、需要増加観測が強まり上昇して引けた。

ページトップ