金(ゴールド)価格:上昇、プラチナ価格:上昇 【海外市況(6月6日)】

■海外貴属市況コメント■
6月6日、NY貴金属市場の金は上昇。スペインの銀行救済に向けた動きが進むとの期待感を背景に、外為市場でユーロが対ドルで大幅上昇したことや、7日に予定されている米上院銀行委員会での議会証言でバーナンキ米連邦準備制度理事会(FRB)議長が追加緩和を示唆するとの思惑から、ファンド筋の買い物が膨らんだ。一時1トロイオンス=1640ドル台まで上昇し、約1ヶ月ぶりの高値圏に浮上したが、終盤にかけ売りに押され上げ幅を縮小した。銀は急伸。金に連れて堅調に推移するなか、非鉄金属相場の上昇やテクニカル買いにも支援され上げ幅を拡大する展開。プラチナも堅調。米国の追加緩和観測からNY株式市場が大幅上昇となった事で、工業用需要の拡大期待が台頭。ファンド筋の買い物が膨らむ格好で大幅上昇して引けた。

ページトップ