最新の喜平ネックレス/ブレスレット販売相場

プラチナの刻印

  ゴールドと違って、プラチナは品位をカラットの刻印で表しません。プラチナの純度は、純粋なプラチナが1000分のいくつ(ppt=parts per thousand)あるかで表します。アメリカでは、少なくとも950ppt含まれていなければ「プラチナ」と言うことができません。(監修者:日本ではISOおよび社団法人日本ジュエリー協会がプラチナ・ジュエリーと呼称できるのは、Pt850以上と定めています。)こういった製品にはプラチナ(platinum)という言葉、もしくは省略形のPLAT、または数字で示したPt950、Plat950などの刻印がつけられています。プラチナの含有量が950ppt以下のものはそれに応じてプラチナ含有量を刻印します。たとえば、純粋なプラチナを900ppt含むプラチナのジュエリーは「Plat900」または「Pt900」という刻印が付いているでしょう。850pptのジュエリーには「Plat850」や「Pt850」です。850pptはプラチナのチェーンに利用されるのが一般的で、耐久力と柔軟性を加えるために他の属が高い割合で合金されています。アメリカでは、プラチナ(platinum)という言葉を省略する際には、2文字(Pt=platinum)か4文字(Plat=platinum)にすることが認められています。純粋なプラチナが500ppt以下しか含まれていないものはプラチナと呼ぶことができず、プラチナという言葉やプラチナを表すいかなる文字も表記することはできません。

  純粋なプラチナと他のプラチナ族の金属を結合させた製品も、それに応じた刻印が付けられます。たとえば、Pt900/Ir100とは900pptのプラチナと100pptのイリジウムということを示し、アメリカではかつてこのプラチナ合金が最も一般的に使用されていました。古いものには「Pt900」もしくは「Plat900」という刻印が押されているかもしれません。そのなかにもイリジウムが含まれているのにも関わらず表示がないのは、「プラチナ900」には常に100のイリジウムが合金されているという認識があったからです。古い商品の中には現在でも「IRIDPLAT」や「90%platinum 10%iridium」という刻印が内側に付いていることがあります。
カテゴリー: 貴重な貴金属 
ページトップ

プラチナ合金の今と昔

  プラチナの強度を増すために、一般的に純粋なプラチナと他の稀少なプラチナ族の属を混ぜあわせた合金を作ります。

今日の市場では、タイプの違うジュエリーを製造するために、異なった性質を持つプラチナ合金が増えてきています。

たとえば、テンション・セッティング(はさみ留め)に最適な硬い鋳造した合金や、その製品がつくられたあとにさらに耐久性を上げるために硬くする加熱処理することがあります。

プラチナ/イリジウムはジュエリーの骨組み用、プラチナ/ルテニウムは機械製の結婚指輪用、プラチナ/コバルトはキャスティングの繊細な細部を作るための下地に、それぞれ使用されています。

独占権がある特定の組み合わせを除いて、プラチナのほとんどは他のプラチナ族の金属と合金にされています(銅、タングステン、コバルト、ゴールドもプラチナの合金として使われるか場合があります)。

ゴールドの合金と違い、プラチナは、どの割り金を使用しても色の違いは些細なものです。それよりも大事なのは、現在あるプラチナ合金に見られる様々な組み合わせで純粋なプラチナの含有量が、高い割合(プラチナのチェーンを除いて少なくとも90%)であることと、最も純粋で高貴な金属としての評価を保持するためにプラチナ族の金属でのみで合金されることです。

カテゴリー: 貴重な貴金属 
ページトップ

低カラットのプラチナ?

 このように、ここ最近、いくつかのプラチナが市場に入ってきている理由は、それらは強さを加えたりプラチナでつくられる特定のタイプの製品を作りやすくすると言うより、むしろ950プラチナの代替品となる、手頃なプラチナ族の金属が積極的に供給された結果です。
  プラチナ/ゴールドの合金は、ニッケルを含まないホワイト・ゴールドの代替品とされています。この製品はホワイト・ゴールドですが、アレルギー反応を起こす危険性があるニッケルを含みません。ニッケル合金のホワイト・ゴールドに比べて高価ですが、プラチナに比べればまだ手頃である点で魅力的です。しかしながら、これはプラチナ製品としての表記ではなく、ホワイト・ゴールド製品として表記されます。
  今日、「カラット・プラチナ」のような新しいタイプのプラチナ製品が生産され、早くも消費者のもとに届けられることが期待されています。この新しい合金はプラチナの量がかなり少なく(ほとんどが純粋なプラチナは585pptかそれ以下)、他のプラチナ合金よりも手頃な価格で作られ、プラチナ合金のホワイト・ゴールドよりも求めやすい価格になっています。この新しい「カラット・プラチナ」合金の刻印の候補に「585Plat,0PGM」があります。これは585pptの純粋なプラチナと、プラチナ族にはない金属(No Platinum Group Metal)を表しています。「カラット・プラチナ」は銅とコバルトの組み合わせの合金です。手頃で新しく、取り扱いを希望するジュエリー・ショップもすでに出てきています。これは現在手に入るプラチナ/ゴールドよりもさらに手頃な価格の白色金属で、ニッケルを含まない製品を探している人達にとってとても魅力的な代替品になり得るでしょう。
  このようなプラチナの合金が、消費者に製品についての誤解を与え買えないとの懸念の声があります。さらに重要なことに、その新しい合金はプラチナが長い間他の貴金属より秀でていた純粋さの規格を満たしていないので、多くのジュエリー業界の人達は、そのジュエリーを「プラチナ」と称して販売したり刻印をつけるには、少なくとも850pptのプラチナを含むことを望んでいます。
  アメリカの公正取引委員会は現在、そのような合金について混乱や誤表記を避けるために、どのように説明や刻印がされるべきか「カラット・プラチナ」や同様の合金を取り巻く環境や現在のプラチナの基準を再検討・調査しています。そのため市場に導入される時期が多少遅れるかもしれませんが、近い将来にこういった新しい合金で作られる、刺激的かつ新しいジュエリーの新作が見られることが期待されます。
カテゴリー: 貴重な貴金属 
ページトップ

ゴールドジュエリーと重さ

  重さは、ゴールド・ジュエリーの価値を決める要因のひとつです。ゴールド製品は、大抵グラムやペニー・ウェイトといった重さによって販売されています。20ペニー・ウェイトで1オンス(31g)になります。グラム数に0.643を掛けると、ペニー・ウェイトに換算できます。その中の純の総量を正確に表すものになるので重さは重要です。しかし、これはあくまで検討材料のひとつです。たとえば、ゴールド・メーカーからゴールド製品を購入するときには、売値から割り出した1グラム当たりの価格は、ゴールドの価格に労働者の賃金コストと製品の出来栄え(付加価値)を加えたものです。常に(1)製品の構造、(2)製品を生産した手法、(3)製品の完成度を考慮して価格が付きます。

 

  デザインと構造は、その製品の最終的な見た目だけではなく、デザインと構造における特有なディテールが、ジュエリーの快適さ、着用性、着脱性にも影響をあたえるので重要です。優れたデザインには、素晴らしいデザイナーと、十分なケアと小さな構造上のディテールへの注意が求めらます。そのためゴールド・ジュエリーは他のジュエリーよりも費用も多くかかるのです。

 

  ジュエリー・デザインはアートであり、ジュエリー・デザイナーはアーティストという意識が高まりつつあります。ある賞を受賞したデザイナーは、その業界のトップにいる画家や彫刻家や他の芸術家のように、最高の報酬を求めてきます。優れたデザイナーが作ったゴールド・ジュエリーで、とくに一点ものの商品、または限定商品だと、同じ重さ、同じゴールドの含有量の大量生産の商品よりも、時として、はるかに高い金額で販売されています。

 

  ゴールド・ジュエリーを見る際には、特別なデザインや外観を作り出すのに、どんな構造をしているかも見てください。その構造はシンプルか、複雑か、費用がかかる大掛かりな作業が必要か、それとも最低限でいいか、特別な能力、才能、設備が必要かなどがチェック・ポイントです。

 

  デザインと構造を無視して、ゴールドの含有量(14Kや18Kなど)と重さだけでゴールド・ジュエリーの価値を判断するのは、絵画の価値を絵の具とキャンバスの費用だけで見極めるのと同じことです。

 

  生産量は、価格に顕著な影響が出ます。その製品は機械で作られたものか、それとも人の手で作られたのか?特定のデザインを作り出すのに必要なある種類の構造は、全行程または一部分が人の手でしか作れないかもしれませんが、機械だけで作れるものもあります。どちらの方法でも作れるデザインでも、人の手が入ったものは見た目、感触、費用の面で変わります。

 

  仕上げは、私たちがその製品の仕上がりについてのケアと労働コストについて考慮する部分です。たとえば、その製品には、エングレービング(彫り)、ミルグレイニング(ミル留め)、ハマリング(打ち出し)、グラニュエーション(粒金)など、製品を特徴付ける最終的なタッチを施すのに、特別な能力や技術が施されていますか?また、製品の美しさを低減させるような引っかき傷がないか、もしくは衣類に引っ掛けたり、手触りの悪いザラザラした縁を慎重に磨いて取り除いてあるかどうかにも、注意する必要があります。手で磨かれたのか、機械で磨かれたのかも見ましょう。機械で作られていても、仕上げは人の手で行われている製品もあります。さらに、製品の特別な仕上げ方法、例えばフローレンティーン、マット仕上げ、砂吹き仕上げなどのツヤ消し技術も考慮に入れなければなりません。各課程において、それぞれ必要とされる特別な処置や能力が、ときには大きな追加費用の原因となります。

 

  以上をまとめると、ゴールド・ジュエリーは一見では、どれも同じに見えますが、慎重に調べていくと、品質と価格両方の点で、違いが明確になってきます。品質の違いを比較するのに、その相違点の説明をジュエリー・ショップに依頼してみましょう。すべての要素を慎重に評価したあとに、ようやくゴールド・ジュエリーを正しく理解し、価格の違いと真価を理解することができるのです。
カテゴリー: 貴重な貴金属 
ページトップ

豊富なゴールドの色

  純の色は常に黄色です。純金はジュエリーに使用する場合には軟らか過ぎて、硬さを増強するために他の金属を混ぜあわせて合金にして使いますが、加える金属の種類や量の加減によってゴールドの色を変えることができます。ジュエリー用のゴールドに一般的に加えられるのは、銅、亜鉛、シルバー、ニッケル、プラチナ、パラジウム(プラチナ族)です。どの合金を使用するかによって、色にバラエティが出ます。
他によく行われる色調整の方法は、14Kのジュエリーを18Kメッキで処理し、18Kのように強い黄色い色を出すやり方です。また、ホワイトゴールドもより白く明るく見せるために、よくプラチナ族で高価なロジウムでメッキ加工されます。
ひとつ以上の合金金属をいくつか組み合わせて使うと様々な色が出ます。前衛的なジュエリー・デザイナーはドラマティックで新しい流行を作り出すために、製品に新しい色(ブラック・ゴールド、ブラウン・ゴールド、ブルー・ゴールド)を用いる場合があります。
ゴールドジュエリーが皮膚トラブルを起こすことがありますが、その原因は何でしょう?純金は皮膚を傷めたりシミになることはありませんが、含まれる合金は特に湿気が高い状況下に置いておくと、金属と接触している皮膚にトラブルを起こすことがあります。
また汗の中に含まれる油脂や脂肪質の酸が反応するため、高温多湿の地域で、特に塩化物(塩)が空気中にある場所では発生し易いようです。
スモッグも問題です。スモッグの煙が、ゴールドの中にある合金と反応し、
皮膚トラブルの原因となる科学物質を作り出し、それが擦れ落ちて、皮膚を傷め、衣類を汚します。
化粧品も一因です。 もう一つの皮膚トラブルの原因は、化粧品によって削り出される金属の微粉末です。
化粧品の中には、ジュエリーよりも硬い化合物を含んでいるものがあり、それがジュエリーと擦れると、
汚れたホコリのような金属微粒子が発生します。
このホコリが、柔らかく吸収性のある皮膚や衣類などの表面に接触すると、黒いシミとなります。
皮膚トラブルにはいくつかの解決策があります。まず、頻繁にジュエリーを外し、ジュエリーに接触する皮膚の部分を、石鹸と水で洗う習慣を身につけましょう。
同じように、ジュエリーも清潔に保ち、トラブルの原因となる汚れを取り去るよう、柔らかい布で定期的に拭きましょう。さらに、研磨剤が入っていない吸着力のあるボディパウダーを、ジュエリーに触れる皮膚に塗布してください。
皮膚トラブルがきになるなら、ジュエリーのデザインにも注意を払いましょう。 シャンク(指あたり)部分が、幅広いと汗をかき易く、内側が凹んだ指輪は湿気が溜まり、汚染菌を呼ぶのでシミと皮膚炎の両方を引き起こします。
ジュエリーをゴールドの含有率が高いものに変えるか、違う製品を試してみるのも手です。
ゴールドの含有率が高いほど、トラブルの原因となる合金(銅、シルバー、ニッケルなど)が少ないので、トラブルは起こりません。14Kのゴールドジュエリーが合わない人は、18Kで問題が解消するかもしれません。
他メーカーの製品に変えるだけで問題が解決する場合があります。
例えば、あるメーカーが作った14Kのイエローゴールドのブレスレットで炎症を起こしても、他のメーカーが作った同じブレスレットで、そうなるとは限りません。
前者の製品が粗悪なものだったわけではなく、メーカーによって合金の金属の組み合わせや、混合の割合、比率が異なる場合があるからです。同じように見えても、あるメーカーの製品よりも、別のメーカーの方があなたの性質に合うかもしれません。
様々な色を作り出すために、組み合わせる金属の種類は千差万別ですので、あなたが特定の色のゴールドを見に付けている場合に皮膚トラブルが起きるかもしれませんが、他の色でもそうなるというわけではありません。
ホワイトゴールドを身につけていると問題が起こるようであれば、ニッケルを含むものよりも、腐食しないプラチナで合金したホワイトゴールドを試してみましょう。
カテゴリー: 貴重な貴金属 
ページトップ

金・ゴールドとは

 現在、ゴールド・ジュエリーは人気があります。以前に比べて様々なスタイルが手に入ります。また、宝石をセットする台座でもゴールドが人気です。ゴールドの価格の違いは、ほとんどの場合、品質の違いに関係しています。
・ゴールドとは
 金・ゴールドは世界中で最も貴重な金属のひとつです。また、非常に軟らかく加工しやすい特性があります。例えば、1オンスの金は5マイルの糸に伸ばすことができ、ハンマーで打ち込むと100平方フィートに広がります。純金は、錆びたりしないので、永久に品質を保ち続けることができます。
 金は地面や海、川などのあらゆる所に存在していますが、取り出すことが非常に難しくコストがかかります。1オンスの金をを取り出すのにおよそ2.5~3トンの原鉱が必要です。
KaratとCaratの違い ジュエリー業界において、カラット(CaratあるいはKarat)という言葉は2つの意味があります。Caratは宝石の重さとして使われ、1caratは0.2グラムです。Caratは、ある国では金製品の中の純金の総量を表示するために使用されます。
 アメリカではKaratの刻印はKもしくはKTと省略され、金属の中の純金の含有量を示しています。カラットという言葉は、キャロブの木の実を表す言葉に由来しています。イタリア語ではカラト(crato)、アラビア語ではキラト(qirat)、ギリシア語ではケラション(keration)です。古代においてはその実の種が宝石の重さを量るのに使用されていました。また、ソリドゥス(solidus)と呼ばれたビザンティン帝国の純金硬貨の重さが24Karatでした。それゆえに、24Karatの刻印(24Kまたは24KT)が、純金を示す刻印として使われるようになりました。 この概念を金に置き換えて理解するために、「純金」が24等分されたパイだと想像して見てください。
 
カテゴリー: 貴重な貴金属 
ページトップ