金(ゴールド)価格:安、プラチナ価格:安【海外市況(10月31日)】

10月31日、NY貴属市場の金は下落。米企業景況感の改善や、外為市場でのドル高ユーロ安を眺めた売りに押された。前日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では金融政策の維持が決まったものの、本日発表された10月のシカゴ購買部協会景況指数が2011年3月以来の高水準となったことで、米国の量的緩和(QE)縮小観測が再燃したことに加え、月末によるポジション調整売りが活発化した。プラチナも下落。NY株式市場の下落を眺めた売りや金の下落に追随する形で大幅下落して引けた。
ページトップ