金(ゴールド)価格:安、プラチナ価格:安【海外市況(10月23日)】

10月23日、NY貴属市場の金は下落。前日の上昇を受けた利食い売りに押された。これといった材料のないなか、弱い内容の9月の米雇用統計を受け、量的緩和の継続が強まったことから前日には9月30日以来の高値を付けたが、その反動から利益確定の売りが優勢となった。その他、中国人民銀行(中央銀行)による金融引き締めに対する懸念が浮上し、中国からの需要減退観測が強まり、3営業日ぶりの反落となった。プラチナも下落。金の下落に連れ安となったほか、NY原油先物相場や米株式市場の軟調も下落要因につながった。
ページトップ