金(ゴールド)価格:上昇、プラチナ価格:上昇【海外市況(10月16日)】

10月16日、NY貴属市場の金は上昇。朝方は米財政問題をめぐる与野党協議が合意に達すると報道されたことを受け、デフォルト(債務不履行)が回避されるとの見方が広がったことから、安全資産としての金の魅力が薄れ、金は軟調に推移した。しかし、その後、安値拾いの買いやNY原油の上昇を眺めた買いに反発し、終盤にかけ上昇して引けた。プラチナも上昇。米財政問題の進展期待を受け米株式市場の大幅高に好感した買いや、金の上昇に連動し買われ、一時は1400ドルの節目を回復するなど大幅上昇して引けた。
ページトップ