金(ゴールド)価格:安、プラチナ価格:上昇【海外市況(10月10日)】

10月10日、NY貴属市場の金は下落。朝方は安値拾いの買いで上昇する場面も見られたが、その後、米野党共和党の連邦債務上限問題に関する歩み寄りにより事態打開の期待感から売られた。米国の債務上限引き上げ問題に関して、オバマ大統領とベイナー下院議長を含む下院共和党議員団の会談が予定されているなか、ベイナー下院議長が債務上限の短期的な引き上げを提案する方針を表明したことで、投資家のリスク選好姿勢を強まった。一方、プラチナは上昇。米国の財政協議が進展するとの期待感から、ニューヨーク株式市場が大幅上昇し、これに好感しプラチナも買われた。
ページトップ