金(ゴールド)価格:安、プラチナ価格:上昇【海外市況(8月28日)】

8月28日、NY貴属市場の金は小幅安。朝方はシリア情勢の緊迫化を受けた投資家のリスク回避姿勢の高まりから買われ、一時1トロイオンス=1434ドルまで上昇し、約3ヶ月半ぶりの高値圏をつける場面も見られた。しかし、その後は外為市場でのドル高ユーロ安を眺めた売りや高値警戒感による利益確定の売りに押され小幅安で引けた。一方、プラチナは上昇。NY株式市場の上昇に好感した買いや、前日の下落に対する反動から買い戻しで上昇して引けた。
ページトップ