金(ゴールド)価格:上昇、プラチナ価格:安【海外市況(8月27日)】

8月27日、NY貴属市場の金は上昇。地政学的リスクの高まりに安全資産としての金に買いが集まった。シリア情勢の緊迫化を背景に堅調に推移。シリアのアサド政権による化学兵器使用疑惑が強まったことを受け、米国が数日以内に空爆に踏み切るとの報道に対し、シリア政府は抗戦の構えを示し地政学的リスクが高まりを背景に金に買いが集まった。一方、プラチナは下落。シリア情勢の緊迫化を背景に、米国株式市場が大幅下落となったことを嫌気した売り物が先行する展開で、一時1520ドル台まで水準を下げた。終盤にかけ買い戻しも見られ下げ幅を縮小して引けた。
ページトップ