金(ゴールド)価格:安、プラチナ価格:安【海外市況(11月27日)】

11月27日、NY貴属市場の金は小幅安。一連の米経済指標が事前予想よりも良好だったことを受けて売られた。朝方は堅調に推移したが、その後発表発表された週間新規失業保険申請件数等を受け、安全資産としての金の魅力が低下し軟調に推移した。またNY原油先物相場のの大幅安も売りを誘った。明日の米国市場が「感謝祭」祝日により休場となることで市場参加者が少なく値動きは小幅なものにとどまった。プラチナも下落。最近の下落トレンドを本日も引き継ぐ格好で6営業日続落して引けた。また、NY外為市場でドイツでの連立政権樹立合意を受けユーロが上昇。ユーロは対円で4年ぶりの高値を付けた。また、対ドルでも円は売られ5月29日以来の高値102円台を付けた。
ページトップ