金(ゴールド)価格:上昇、プラチナ価格:上昇【海外市況(11月19日)】

11月19日、NY貴属市場の金は小幅高。外為市場でのドル安ユーロ高を受け金は買われた。本日も主要な米経済指標の発表がなく手掛かり材料に乏しいなか、前日の下落を受けた買い戻しで小幅上昇して引けた。ただ、この後のバーナンキ米連邦準備制度理事会(FRB)議長の講演や、明日の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録の公表を待ちたいとの思惑もあり、全般に積極的な商いを手控えられた。プラチナも上昇。朝方は軟調に推移する場面も見られたが、その後、金の上昇に連動したことや、売られ過ぎ感からの買い戻しで終盤にかけ上昇して引けた。
ページトップ