金(ゴールド)価格:上昇、プラチナ価格:上昇【海外市況(11月4日)】

11月4日、週明けNY貴属市場の金は小幅高。週末の米雇用統計を控え様子見気分が強まるなか、ショートポジションの調整等による買戻しで小幅上昇して引けた。米商務省がこの日発表した9月の米製造業受注は前月比1.7%と、8月の0.1%減から改善したが、市場の反応はほとんど影響を与えなかった。プラチナも小幅高。良好な米経済指標の内容を受けて買いが先行し前週末からの流れを継続。ただ、金と同様にこれといった材料もなく値動きは小幅なものにとどまった。
ページトップ