金(ゴールド)価格:上昇、プラチナ価格:上昇【海外市況(9月25日)】

9月25日、NY貴属市場の金は上昇。米国の予算交渉に対する不安感から安全資産としての金は見直された。ルー米財務長官が本日、上下両院幹部に送った書簡で、デフォルト(債務不履行)回避の緊急措置が10月17日までに尽きることに危機感を表明し、債務上限を直ちに引き上げるよう要請したことが明らかとなった。これを受けて米財務問題に対する懸念が再燃。安全資産とされる金が買われた。米国の新年度予算案については、依然民主・共和両党の歩み寄りが見えておらず、30日までに可決されない場合、政府機関は10月から閉鎖に追い込まれる可能性があるため、今後の展開に注目されている。プラチナも上昇。米株式市場が軟調に推移したことで、弱含む場面もみられたが、終盤にかけ金の上昇に連動する形で買われた。
ページトップ