金(ゴールド)価格:安、プラチナ価格:安【海外市況(9月23日)】

9月23日、週明けNY貴属市場の金は下落。外為市場でのドル高ユーロ安を受けての売りや、米量的緩和早期縮小懸念に対する売りで下落。米セントルイス連銀のブラドー総裁が、20日に経済指標次第では10月にも量的緩和の縮小に踏み切る可能性があることを示唆しことで売りが膨らんだ。ただ、終盤にかけ米ニューヨーク連銀のダドリー総裁が、労働市場の改善が継続するまでは縮小は見送ると否定したことで、金も買い戻され下げ幅を縮小して引けた。プラチナも下落。NY株式市場の下落や、ドル高ユーロ安に圧迫された。
ページトップ