金(ゴールド)価格:上昇、プラチナ価格:上昇【海外市況(7月29日)】

7月29日、週明けNY貴属市場の金は上昇。引き続きこれといった材料のないなか、米量的緩和の早期縮小が見送られるとの見方から買われた。ただ、30~31日にかけて開かれる米連邦公開市場委員会(FOMC)を控えて様子見気分も強く、上げ幅も限定的となった。プラチナも上昇。南アフリカの賃上げ交渉に対する不透明感が漂う中、金の上昇に連れる格好で、3営業日ぶりに反発して引けた。しかし、金同様に今後の重要イベントを控え様子見気分が強く、上値の重い展開となった。
ページトップ