金(ゴールド)価格:上昇、プラチナ価格:安【海外市況(7月25日)】

7月25日、NY貴属市場の金は上昇。外為市場でのドル安ユーロ高を眺めての買いや、米労働省が発表した20日までの1週間の新規失業保険申請件数は前週比7000件増の34万3000件と悪化。これを受けて量的緩和の早期縮小観測が後退するとの思惑から金は買われた。ただ、来週には米GDP(国内総生産)や連邦公開市場委員会(FOMC)、雇用統計などの発表を控え、様子見気分が強く上げ幅が限定的となった。一方、プラチナは下落。これといった材料のないなか、利益確定の売りに押された。
ページトップ