金(ゴールド)価格:上昇、プラチナ価格:上昇【海外市況(7月22日)】

7月22日、週明けNY貴属市場の金は上昇。外為市場でのユーロ高ドル安を眺めての買いや、本日発表された6月の米中古住宅販売件数が予想を下回る前月比1.2%減の年率508万戸と減少したことを受け、リスク回避としてのの金に買いが集まった。米国が量的緩和を当面継続するとの見方も広がり、6月24日以来およそ1ヶ月ぶりとなる1300ドルの節目を回復して引けた。プラチナも上昇。金の大幅上昇に連動して買われた。NY外為市場で円が対ドルで上昇。参院選で大方の予想通り自民党が圧勝した事をうけ、利益確定の円買いドル売りが加速した。
ページトップ