金(ゴールド)価格:上昇、プラチナ価格:上昇【海外市況(7月16日)】

7月16日、NY貴属市場の金は上昇。これといった材料のないなか、外為市場でのユーロ高ドル安を受けて買われたた他、売られ過ぎによるショートカバーの買いやアジアを中心とした実需筋の買いで小幅高で引けた。ただ、17日のバーナンキ米連邦準備制度理事会(FRB)議長の議会証言を控え様子見気分が強まった。プラチナも小幅高。朝方はファンド筋による買いで堅調に推移したが、終盤にかけNY株式市場の下落により上げ幅を縮小し小幅高で終了した。
ページトップ