金(ゴールド)価格:安、プラチナ価格:安【海外市況(7月2日)】

7月2日、NY貴属市場の金は下落。外為市場でのドル高ユーロ安を受けての売りや、利益確定の売りに押された。米商務省が発表した5月の米製造業受注は前月比2.1%増と上昇し、市場予想の2.0%を上回った。市場ではこれを受けて米量的緩和の縮小観測が強まった。世界最大の金上場投資信託(ETF)であるSPDRゴールド・トラストの金保有高((1日時点)が前日比1.2トン減の968.30トンと、2009年2月以来およそ4年5ヶ月ぶりの低水準に落ち込んだことも弱材料視された。プラチナも下落。利益確定の売りや、米株式市場の下落も影響した。
ページトップ