金(ゴールド)価格:上昇、プラチナ価格:上昇【海外市況(5月30日)】

5月30日、NY貴属市場の金は上昇。外為市場でのユーロ高ドル安を眺めた買いや、米商務省が本日発表した今年第1四半期(1月-3月)の米国内総生産(GDP)改定値が2.4%と市場予想の2.5%増を下回った。また、米週間新規失業保険申請件数が事前予想よりも悪い内容となったことで、米金融緩和が当面続くとの思惑から買われ、約2週間ぶりに1400ドル台を回復して引けた。また、世界最大の金上場投資信託(ETF)であるSPDRゴールド・トラストの金保有高が29日時点で、5月9日以来約3週間ぶりに増加したことも支援材料となった。プラチナも上昇。金の上昇に連動した事やNY株式市場が小幅上昇したことに好感され買われた。
ページトップ