金(ゴールド)価格:上昇、プラチナ価格:上昇【海外市況(4月5日)】

■海外貴属市況コメント■ 4月5日、週末NY貴金属市場は上昇。米経済指標の発表を受け安全資産としての金が見直された。本日発表された米雇用統計で、非農業部門就業者数が8.8万人の増加にとどまり、前月改定値(26.8万人)から大きく縮小した(市場予想:20万人増)。これを受け、米経済の先行きに不透明感が広がったため、投資家のリスク回避姿勢を強まり金は買われ大幅上昇し、一時1トロイオンス=1580ドルに乗せた。プラチナも上昇。金の上昇に連動する形で買われた。しかし、終盤にかけ米景気の先行きに対する懸念から需要減退観測が浮上すると上値は抑えられた。
ページトップ