金(ゴールド)価格:安、プラチナ価格:安【海外市況(4月3日)】

■海外貴属市況コメント■ 4月3日、NY貴金属市場の金は下落。米株式市場や商品全般の軟調に、金も売りに押され下落して引けた。その後、米民間雇用サービス会社オートマティック・データー・プロセッシング(ADP)が発表した全米雇用報告や米ISM製造業総合指数が低調であった事を手掛かりに上昇する場面も見られたが、買い一巡後は再び地合いを緩めた。一時1549.70ドルまで売られ、約9ヶ月ぶりの安値を付けた。プラチナも大幅下落。低調な米経済統計を受けて、工業用需要の低迷観測が台頭。ファンド筋の売り物が先行し約3ヶ月ぶりの安値を付けた。
ページトップ