金(ゴールド)価格:安、プラチナ価格:安【海外市況(4月2日)】

■海外貴属市況コメント■ 4月2日、NY貴金属市場の金は下落。外為市場でのドル高ユーロ安や米株式市場の上昇を眺めての売りに下落して引けた。キプロス政府が欧州連合(EU)、欧州中央銀行(ECB)、国際通貨基金(IMF)の3機関(トロイカ)と支援条件で合意し5月に初回支援が決定したことで、同国の金融不安がユーロ圏に拡大するとの懸念が後退したことも投資家の売りを誘った。プラチナも大幅下落。キプロス支援が合意されたものの、ユーロ圏失業率が過去最悪の高水準(全体で12%)となったほか、ユーロ圏製造業PMIが前月を下回ったため、工業用需要の低迷観測が懸念材料に売りが膨らんだ。
ページトップ