金(ゴールド)価格:上昇、プラチナ価格:上昇 【海外市況(11月8日)】

■海外貴属市況コメント■ 11月8日、NY貴金属市場の金は上昇。前日にオバマ米大統領が再選されたことを受け、超低金利政策が長期化するとの思惑からインフレヘッジとしての買いが継続し、米国の財政危機に対する懸念を背景に安全資産としての金にも魅力が集まった。また、ヒンズー教の新年祭「ディワリ」を控えアジア市場の買いも相場上昇の要因につながった。一方、プラチナは朝方は金につられ堅調に推移したが、NY株式市場の下落に伴い上げ幅を縮小し、小幅高で引けた。
ページトップ