金(ゴールド)価格:上昇、プラチナ価格:上昇 【海外市況(10月31日)】

■海外貴属市況コメント■ 10月31日、NY貴金属市場の金は上昇。朝方は、フランス・ドイツの国債入札を無難に終えた事でユーロ圏の債務問題に対する懸念が後退。外為市場でユーロ高ドル安が進行し金も買われた。しかし、終盤にかけドルが対ユーロで買い戻されると金も売られ上げ幅を縮小し小幅高で引けた。多くの市場関係者は週末発表の雇用統計に注目している。一方、プラチナは続伸。南アフリカのアングロ・アメリカン・プラチナムの鉱山で再び労使紛争が激化したと報じられたことが支援材料となり上昇して引けた。
ページトップ