金(ゴールド)価格:上昇、プラチナ価格:安 【海外市況(4月24日)】

■海外貴属市況コメント■
4月24日、NY貴金属市場の金は上昇。本日から開催される米連邦公開市場委員会(FOMC)を控えて模様眺め気分が強まるなか、オランダなどの国債入札が比較的順調に行われたため、外為市場でユーロがドルに対して堅調に推移したことを眺めての買いや、国際通貨基金(IMF)が発表した統計で、各国中央銀行が引き続き金に買いを入れていることが明らかとなったことを背景に反発。また、明日のFOMC後のバーナンキ連邦準備制度理事会(FRB)議長の記者会見を控えて、新たな緩和政策への期待感に対する思惑も下支えとなった模様。銀も金や非鉄相場の上昇に連れる格好で反発。一方、プラチナは引き続き中国の景気減速懸念や、前日の地合いを引き継いだ追随売りに続落となり、1月25日以来の安値を付けた。

ページトップ